Menu

資格が無くても大丈夫

男性

条件がまちまち

今、東京で、家庭の主婦を中心としたある求人が人気を集めています。それは、公立保育園の補助要員の求人です。保育園での雑用や保育の補助をするのが主な仕事です。東京23区内の公立保育園の多くが人材を募集しています。資格が無くても勤められるので、応募の倍率が高い状態も続いています。求人に応募してくる人の多くは、子育てが終わった中高年世代の女性です。時に子供達と遊んだり、オムツ替えなども手伝うので、子育て経験がある人が喜ばれるのです。東京の場合、各行政区の区役所の求人に応募することで、仕事に就くことができます。1日4時間ほど、月に10日から20日位の頻度で働きたいという人には、打ってつけの仕事と言えます。1度採用されると、5年間は再任用されて、同一の職場で働くことができます。ただ、東京の公立保育園で働く場合、幾つかの注意点があります。区役所が募集する保育補助要員の時給は、民間企業に比べて高額である場合が殆どです。しかしながら、交通費については支給されない行政区もあるので、電車通勤の人は、その点を調べておくことです。また、有給休暇の扱いも行政区によって異なります。以上の点は、各区が足並みを揃える試みが進んでいますが、まだ完全であるとは言えません。また、就職を希望する保育園への応募の倍率が高いと、希望しない園への配属される場合もあります。それを避けるためには、各保育園が独自に募集しているアルバイトに応募するという手があります。時給については、行政区の募集よりも安くなりますが、保育園と直に交渉できるので、就職を希望している施設で働けます。