Menu

主婦層が有利な就職

子供

子供好きの人向き

最近は女性の社会進出も顕著になってきましたが、一方で専業主婦として家庭に入る女性も大勢います。そのような人でも、子育てが一段落した時に再就職を希望するケースが多いといいます。東京都内のハロワにも、主婦の再就職を対象とした求人を紹介するコーナーが作られています。家庭の主婦を、労働力として積極的に採用しようという動きも一部で見られるようになりました。しかしながら、仕事の経験が少ない主婦には、就職の機会が限られるという状況もあります。コンビニやスーパー等は、学生や若い世代を採用したがります。そのような中で、家庭の主婦に有利な求人があります。それは、東京都内の行政区が募集している保育支援員の求人です。保育支援員の仕事は、公立保育園での、保育補助や雑用を熟すことです。保育士の資格が無くても働けるので、多くの主婦層が求人に応募しています。子どもの世話をしたり、洗濯や掃除など家事仕事の延長なので、主婦にとってはお手の物です。東京23区の公立保育園では、この手の仕事をしている女性が結構います。保育士だけでは熟しきれない雑用を請け負うので、大変重宝されています。保育支援員の仕事は、1日当たり4、5時間、週5日の勤務が殆どです。時給についても、コンビニや工場に比べて高給です。この制度は、東京を初め、多くの自治体で採用しています。子育ての経験があり、子どもが好きという女性には、打ってつけの仕事と言えます。